イギリスGP

遅ればせながら、イギリスGPの感想です。
イギリスって響きがもうステキ。
いつかあのシルバーストーンサーキットでF1が見れたらいいなぁと密かに願っています。



予選2位スタートのライコネン、今回はいくか?とスタートを見守る。
スタート早々3位シューマッハとライコネンが接近!おっと、危ない。
もう少しでお互いのタイヤが当たる距離。
でもそこはプロの2人、うまいことかわしてました。
予選1位は当然アロンソです。
ルノーはマジで強い。ポールからゴールまで一直線。
2位と3位が競っていたら、アロンソは遥か前方へ行ってました。
そこからレースはだらだら気味。
しょうがない、ライコネンはこのまま2位かなと思っていたら。
甘かった…。大甘だった~。
問題は残り18週付近の最後のピット。
マクラーレンのピット時間は8秒。対してフェラーリのピット時間は6秒半。
この時2台のマージンは1秒。
つまり…。
抜かれちゃったんですよねぇ。
ピット後の順位は2位フェラーリのM・シューマッハ、3位マクラーレンのライコネン。
そしてそのままゴール。
もう!1位のアロンソに勝たなきゃいけないのに、フェラーリに抜かれてるようじゃダメじゃん!
あぁ、なんかそろそろマクラーレンの追撃が始まるかと思いきや、逆に落ち込み気味。
このまま今年は、空回り気味なんだろうか…。
なんとも悲しい限り。
それにしても、今回はフェラーリの優秀なピットクルーに賞賛を送るべきか。
ルノーの安定した作戦とマシンと、一分もミスの無いドライバーを褒めるべきか。
それとも、マクラーレンの不運を呪うべきか…。
そんな複雑な気持ちです~。
[PR]
トラックバックURL : http://anjunikki.exblog.jp/tb/3619607
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by anju-330 | 2006-06-12 22:02 | F1 | Trackback | Comments(0)

ごく個人的な日記


by あんじゅ
プロフィールを見る
画像一覧