フジの麓で

F1日本GPですねー。
レースには今日はちょっと肌寒いくらいだけど、雨が降らなかったのはなにより。
それに、やっぱ日本だから生放送で見れるのが良いですねー。



予選トップはハミルトン、。
まぁ、コレはしょうがないって感じですけど(なんや言ってもハミルトンは調子出てるからなぁ。)、驚くべき(?)ことはライコネンが2位でマッサが5位だったこと。
今、先を行かなければならないのはライコネンでなくてマッサなはずなのに、この辺ちぐはぐしちゃうのが今年のフェラーリなんですよねー。
それでも、ライコネンが1つでも前にいれば私は嬉しいものです。

オープニングラップを終えてスタート。
瞬間スーッとライコネンがトップに!やった。
と思いきや、またもやライコネンに不幸が!
闘争心丸出しのハミルトンが挑むように第1コーナーで被せてきて、その結果ハミルトンのブレーキタイミングが遅くなって、ライコネンはコース外に押しやられちゃった。
そんな経緯でライコネンはトップだったのに4位に後退。
ぬぅ~。何処までも邪魔をしおってハミルトンめ!
こうしてやる。ペン、ペンペン!

そんな私の呪いの呪文が効いたのか、この後ハミルトンにも不幸が起こるんです!
しかも、今度はマッサによって…。
それはマッサがやや強引にハミルトンとコーナリングでの争いをしまして、ハミルトンが今度は押し出されたんですよ。
押し出されたハミルトン。マシンが前後逆になってしまい安全にコースに復帰するにはだいたいのマシンが過ぎ去ってUターンができる空間が出来るまで待たなければならなかったんです。
これで、ハミルトンは17位。
私としては、ザマミロ的な気持ちですけどね。w

さて、レース中盤で先頭に立ち、これぞと言う走りを見せたのは、なんとルノーのアロンソでした。
アロンソは、前回のシンガポールでも優勝。ココ最近光ってます。
やはりアロンソはこういう場面になると強いですね。
さすが元チャンピオンだけあって、マシンの性能とタイヤがピタッと合うと本人の集中力・及びドライビングテクニックが光って見えます。
全然ミスらないし、動きが安定していて速い。
クビサとライコネンが2位争いをしている間にも着々とタイム差を伸ばしていったんです。

ライコネンですが、今回は速いしピットも無事だったし。
その他の事故に巻き込まれる事もなく順調に1つランクを上げて3位。
しかし、前のクビサに勝負を挑む所まではいったんですけど、ピット作戦では1秒くらい足らず追い上げできずだし、コース上でもストレートコースでクビサの後ろに付くものの(マシンとしてはBMWよりもフェラーリの方が速かったんです。)クビサのガードを敗れず…。
3、4回頑張って勝負を挑んだんですけど、その後は安全走行で3位死守に徹する作戦に出たようです。タイヤも厳しくなってきますしね。
それでも、やっぱり久々に見るライコネンの最速の走り、めっちゃ痺れましたわ~。

最終結果は、優勝アロンソ、2位クビサ、3位ライコネンでした。
アロンソまさかの連続優勝。
なんかこのアロンソ‐ライコネンの2人が表彰台に上るっていうのちょっと久しぶりな気がします。(4年前のシーズンみたい!)
気になるハミトンですが、ピットスルーペナルティーも加わって12位。
まさかのノーポイントです。
そしてマッサはギリギリの8位・1ポイント獲得。
これで、上海やブラジルGPも面白くなりそうですね。
[PR]
トラックバックURL : http://anjunikki.exblog.jp/tb/8747350
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by anju-330 | 2008-10-12 21:48 | F1 | Trackback | Comments(0)

ごく個人的な日記


by あんじゅ
プロフィールを見る
画像一覧